アクセリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 牧野 顕道、以下「アクセリア」)は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区西新宿1-26-1、代表取締役 西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区丸の内1-2-1、代表取締役 北沢 利文、以下「東京海上日動」)、三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区神田駿河台3-9 代表取締役 原 典之、以下「三井住友海上」)と損害保険代理店委託契約を締結し、 幅広いサイバーセキュリティリスクをカバーする損保ジャパン日本興亜の「サイバー保険」、東京海上日動の「サイバーリスク保険」および三井住友海上の「サイバープロテクター」の提供を開始することといたしましたのでお知らせいたします。

サイバー攻撃は近年増加の一途を辿っており、標的型メール攻撃、ウェブサイトの改ざんやDDoS攻撃、ランサムウェア等のマルウェアによる攻撃など多種多様です。企業がこれらの攻撃を防ぐ対策を強化する一方で、攻撃者は手法を変え対策をすり抜ける攻撃が行われており、特にゼロデイ攻撃(ソフトウェアにセキュリティ上の脆弱性(セキュリティホール)が発見されたときに、問題の存在自体が広く公表される前にその脆弱性を悪用して行われる攻撃)による攻撃など、サイバー攻撃を完全に防ぐことは困難な状況となってきています。また、攻撃を受けた場合の業務への影響、原因調査・対策、顧客への対応等に要する時間や費用は、企業にとって大きな負担となります。

こうした背景を受けて、サイバー犯罪への取り組みとして、経済産業省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」ではリスク移転策として、「サイバー保険の活用」も示されており、政府もサイバー保険への加入を勧めている状況です。

アクセリアが販売するサイバーセキュリティリスクをカバーする保険では、セキュリティ対策の実施状況の確認を行い、安全状況に基づく最適な保険料をご提供いたします。セキュリティ対策に十分な予算を確保することが困難な中小企業や見直しのために中長期的なシステム改修を要する企業の並行した対策に、またECサイト等のエンドユーザーの個人情報を取り扱う事業者などインターネットを利用するすべての企業や組織へ、アクセリアは事前のセキュリティ対策から万が一の事故発生時の対応まで幅広くサポートいたします。

     

当サイトの内容、記述、画像等の無断転載、無断利用はご遠慮ください。 © 2016-2020 Accelia,inc.