ニュース

  • 2019.12.02
  • info

【社長挨拶】創業20周年を迎えました

おかげさまで、アクセリア株式会社は2019年12月に創業20周年を迎えました。

節目の年を迎えることができましたのも、ご愛顧ならびにご支援を賜りましたお客さま、
パートナー企業の皆さまをはじめ、私たちを支えていただきました多くの皆々様の
ご懇情の賜物であると、心より感謝しております。

当社は日本初のCDN(コンテンツ配信ネットワーク)サービス事業者として2000年にスタートしました。
創業以来CDNサービスを中核として、データセンターサービス、オンライン広告配信管理サービス、
WEBアクセス解析サービスなどを自社開発し、主に大手メディア系企業や官公庁、IT企業、
ECサイト運営企業などにご提供して成長を続けてまいりました。

今後も、従来からの強みであるCDNの運用ノウハウや、複数のCDNやクラウドを利用したインテグレーションの経験などを活かしたCDNブローキング(複数のCDNから顧客企業に最適なCDNを選定・提供する)サービス、マルチCDN(複数のCDNを組み合わせた)サービス、マルチクラウド運用サービスへと、事業領域を拡大してまいります。
また、サイバーテロなどの脅威が年々増加する中で、2020年の東京オリンピック・パラリンピックや
2025年度の大阪万博などの国際的な行事を控え、運輸・交通・電気・ガスといった社会を支える重要インフラを
サイバー攻撃の脅威から防御するための「産業サイバーセキュリティ(ICS)」に対応する人材育成や、
脆弱性検査などのニーズが拡大していくものと考えられるため、ICS関連の人材育成を含めた投資と、
取引先の拡大を積極的に進め、ICSを中核事業の一つとして拡大いたします。

当社は広くあまねく配信することを使命とし、時流をしっかりと見据えつつ、
お客様に寄り添った視点を大切にしたサービスの開発・提供を続けてまいります。
ご関係各位におかれましては、引き続き、何卒ご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。