ケーススタディ

お客様の課題・状況に、
徹底して最適化した
ソリューションを
提供しています。

ケース 1ECサイトにおけるSNSプロモーションによるアクセス増への対応

  • SNSからのアクセス急増に
    対応できない・・・

    ■導入前の課題 : SNSプロモーションの効果が上がらない・・・

    • ECサイトで、新たなプロモーションとして新商品やセールの情報をSNSで発信し始めた。 発信直後は短時間で急激にアクセスが増加するようになったが、アクセスが増加した時間帯はサイトの表示が格段に遅くなり「情報が送られてきたのに見れない」というクレームが発生・・・。
    • サイトの表示遅延は短時間だけのため、アクセス急増に対して設備投資するほどの余力がない。画像の質を落としたり枚数を減らすこともできるが、今より売上が下がるのは困る。 SNSでのプロモーション効果を売上げにつなげるためには、表示遅延を解決しなければ・・・
  • CDNの導入で
    サイト表示の高速化を

    お客様のWebサーバー

    CDNサーバー

    ■解決策! : リスク分散も加味してCDNサービスを

    • DuraSite-CDNを導入し、カスタマイズで表示に時間が掛かるコンテンツのみ事前にキャッシュする運用に変更した。
  • アクセス数・コンバージョン率
    も向上!
    さらにリッチコンテンツ化も

    ■導入効果! : アクセス急増時の表示遅延が大幅改善

    • 設備投資することなく、SNSプロモーションで発生する短時間のアクセス急増による表示遅延の問題が解消。クレームも激減!
    • リッチコンテンツは事前にキャッシュすることで、情報発信直後でもサイトがスムーズに表示!
    • アクセス数が順調に伸び、コンバージョン率もさらに向上。コンテンツのクオリティを上げることでコンバージョン率にも効果があることが分かり、今後はさらなるコンテンツ強化や、新たなマーケティングを検討できるようになった。

ケース 2SNSの情報発信などの効果測定を行いたいが・・・

  • アクセス解析を効果的に
    活用したい・・・

    ■導入前の課題 : GAだけではうまく効果測定ができない・・・

    • GAを導入したが、使いこなせないため、データのみ取得して、他のツールで再集計している。
    • FacebookやTwitterなどへの情報発信をはじめ、サイトのPVは伸びてきている。しかし、一番効果があったSNSはどれなのかなど、効果がいまいちはっきりしない。
    • GAから取得したデータの集計は特定の人に頼りきりのため、欲しい情報が手軽に確認できない。
  • 誰でも使える
    簡単アクセス解析ツールを導入

    ■解決策! : DuraSite-Trackerを導入

    • DuraSite-Trackerの「流入元分析」機能を活用してSNSの効果測定を行うほか、サービス・カテゴリー(ディレクトリ)ごとのPVなどが把握できる「ディレクトリ分析」や「URL分析」機能を利用。
    • オプション機能の「スポット分析」機能を利用して、特定URLの特定期間の状況を分析。
  • Webのアクセスを簡単に分析、
    改善できるように!

    ■導入効果! : Webサイトの効果的活用を実現

    • 誰でも簡単にアクセスの状況を把握できるため、データの再集計作業も必要なくなり、特定の人材に頼ることもなくなった。
    • SNSからの流入状況が確認できるようになったことで、FacebookとTwitterを比べて効果の高い方に力を入れるようになるなど、情報発信を強化できるようになった。
    • SNSへの情報発信の効果が明確化し、社内で重要性の理解も深まった。

ケース 3障害発生時の対応時間を短縮するために対応フローの改善を迫られている

  • 障害発生時間を
    できるだけ短くしたい・・・

    ■導入前の課題 : 障害発生時は自動的に配信から外したい

    • サーバーの監視サービスからアラートメールを送信し、担当者がDNSの切り替えを行っているが、メールに気付かないことがある。
    • 緊急でオペレーションするため、DNSの設定を間違え、より大きな障害を引き起こすことがあった。
    • 自動化して手間を減らしたい。
  • バックアップへの
    切り替えが自動になった!

    サービス中

    バックアップ

    ■解決策! : DuraSite-aDNSを導入

    • DuraSite-aDNSを導入し、監視機能を利用して常時サーバーを監視。
    • 自動切替機能を利用し、メインコンテンツが監視でDOWNと判定された場合には、自動的にバックアップサーバーに切り替えられるように設定した。
  • サービスを
    安定させることができた!

    ■導入効果! : 復旧までの作業効率が向上

    • 24時間365日監視され、サーバーで障害が発生すると自動で検知し・配信対象から切り離されるようになり、深夜の緊急対応などがなくなった。
    • 障害時も管理画面で作業するので、ゾーンファイル編集作業などが発生せず、オペレーションエラーがなくなった。
    • 大幅にリソースを削減できただけではなく、障害復旧までの作業時間も大幅に短縮することができた。

ケース 4運用中の複数のサーバーのスペック・回線・コストにバラつきがある・・・

  • 複数のサーバー運用を
    効率化したいが・・・

    ■複数サーバーの運用を最適化したい

    • 複数のサーバーを運用しているが、スペックや回線の太さ、コストにばらつきがあるので、それぞれのサーバーに適切な重み付けを行いながら、サーバー運用を行いたい。
  • サーバースペック等に合わせ
    て負荷分散!

    ■解決策! : ラウンドロビンだけでなく、重み付けも

    • DuraSite-aDNSを導入し、スペックや回線の太さに合わせて重み付けを行うラウンドロビン機能を利用。
  • サーバー運用を効率化できた!

    ■導入効果! : 複数サーバーの安定した稼働を実現

    • サーバーや回線の太さにあわせて重み付けを行うことにより、動作のばらつきが減った。
    • オーバーロードによる遅延などがなくなった。

ケース 5サーバー障害発生時には確実な復旧を行いたい・・・

  • 迅速で確実な復旧を
    させたいが・・・

    ■導入前の課題 : 障害復旧作業は手動で確実に行いたい

    • 障害が発生したサーバーを自動で応答対象から切り離したいが、仮復旧のときに自動的に切り戻されると二次災害が発生する可能性がある。復旧したときは確認してから手動で配信に戻す運用をしたい。
  • 障害時の切り離しは自動で、
    復旧時は手動に!

    自動で

    手動で

    ■解決策! : DuraSite-aDNSの機能を活用

    • DuraSite-aDNSを導入し、対象のサーバーがダウンした場合は応答対象から外れるよう監視機能を利用。
    • 「非自動UP」機能を利用し切り戻しは手動で行っている。
  • 確実な運用で
    二次災害を防止!

    ■導入効果! : 復旧時の二次災害を防止できる体制に

    • サーバーの障害等を検知した場合は応答対象から外れ、サーバーの復旧後には管理者が確認した上で、切り戻しを行えるようになった。
    • 人の目で問題がないことを確認してから応答させるため、二次災害が防げるようになった。

ケース 6特定のURLを特定の期間だけ詳しく解析したいが、都度その設定を行うのが面倒

  • イベントやキャンペーン時の
    効果を把握したいが・・・

    ■導入前の課題 : 特定ページ・期間の解析を行いたい

    • キャンペーン前後の対象コンテンツのアクセス状況の詳細を把握したいイベントやキャンペーンなどと連動した特定のページのアクセス状況は、簡単に詳細が確認できるようにしたい
    • 普段は詳しいアクセス解析は必要ないが、集客イベントやお客様向けキャンペーンを告知・実施したときは、特定期間の対象コンテンツのアクセス状況だけを詳しく把握したい。
  • スポット分析は、特定期間・
    特定コンテンツのアクセス
    状況を分単位で把握可能

    ■解決策! : DuraSite-Trackerを導入

    • DuraSite-Trackerを導入し、オプションサービスの「スポット分析」機能を利用して、イベントやキャンペーンの告知前後や実施前後の情報を取得。
  • 次のイベントやキャンペーン
    施策を検討しやすい!

    ■導入効果! : Webサイトの効果的活用を実現

    • イベントやキャンペーン前後の必要な情報が確認できるようになった。
    • 「サイトサマリー」でサイト全体のアクセス状況の推移、「ディレクトリ分析」ではアクセスランキングを表示。「スポット分析」で確認できるデータと簡単に比較でき、サイト全体への影響なども把握できるようになった。

ケース 7バナー広告の配信実績レポートの作成に手間がかかる・・・

  • 月次のレポートが大変、
    何とかならないか・・・

    ■導入前の課題 : 配信レポート作成に手間と時間がかかる

    • 自社の広告配信のレポートフォーマットが決まっており、今利用している広告配信システムでデータを出力した後に、レポートを作り直している。
  • お客様の要望に合わせて
    レポートをカスタマイズ!

    ■解決策! : 出力するレポートをカスタマイズ

    • DuraSite-AD(専有)を導入し、出力するレポートフォーマットをカスタマイズした。
  • 月次レポートを効率化できて
    助かる!

    ■導入効果! : レポート作成作業が軽減した

    • フォーマットだけでなく、PDFで出力できるようにカスタマイズしたことで、レポートを作成する手間が無くなった。出力したPDFをそのまま広告主様へ提供するだけでよくなり、業務効率が上がった。

ケース 8急なバナー広告の差し替えに対応できず・・・

  • バナー広告の配信登録を
    すぐに反映させたいが・・・

    ■導入前の課題 : 広告差替えの反映に時間がかかる

    • 広告主様から突然バナー広告を差し替えるよう要望があったが、広告の切替えが反映されるまでに時間がかかり、公開すべきでないタイミングの情報を表示してしまった・・・。
    • 同じような要望がいつくるかわからないため、できれば広告がすぐ差し替えられるシステムにしたい。
  • DuraSite-ADならリアル
    タイムに配信/差し替えが可能

    ■解決策! : DuraSite-ADを導入

    • DuraSite-ADを導入し、急な広告コンテンツ変更があっても対応できるようにした。
  • 登録内容をすぐに
    反映できるのは助かる!

    ■導入効果! : 広告配信リスクを軽減できる体制に

    • 広告コンテンツの急な差し替え要望は多くはないが、以前のような問題が起きなくなった。
ページのトップへ