代表窓口:03-5211-7750(平日9:30-18:00)

crash.academyの新着講座公開のお知らせ:5月

  1. 新着ニュース

crash.academyの新着講座公開のお知らせ:5月

crash.academy(ITエンジニア向け学習&キャリアサービス)に、今月新たに公開された講座をご紹介します。

ブロックチェーン #3 ~暗号技術のリテラシー~
ブロックチェーン #3 ~暗号技術のリテラシー~ 暗号技術のリテラシー

講座紹介
本講座は、長期にわたりP2Pおよびデジタル通貨の研究に従事されている斉藤賢爾氏(慶応義塾大学SFC研究所 上席所員/ 株式会社ブロックチェーンハブ CSO)を迎え、ブロックチェーンに使用されている暗号技術のリテラシーを解説します。
ブロックチェーンが使用している暗号技術、暗号学的ハッシュ関数(SHA-256)だけでなく、ライトコインのscrypt、イーサリアムのEthash等、具体的な関数についてや、公開鍵暗号とデジタル署名がブロックチェーンのどこに使用されているか、さらには、ビットコインにおけるセキュリティ上の課題や、特性をついた攻撃について、最後に新たなブロックチェーンの様な基盤を作っていくために、どんな技術が使用できるかまでを解説します。

公開日:2017/05/09

ブロックチェーン #4 ~分散システムのリテラシー~
ブロックチェーン #3 ~暗号技術のリテラシー~ 暗号技術のリテラシー

講座紹介
ブロックチェーンの可能性と限界を考える上で基礎となる、分散システムの基本的性質について、CAP定理、FLP不可能性といった基本原理から、ビザンチン将軍問題、様々な障害モデル、CUP (未知の参加者とのコンセンサス)、そして P2P 特有の問題であるオークション問題やエクリプス攻撃まで、分散システムではどのような条件のとき何ができて、何ができないのかまでを理解し、ブロックチェーンに対する正しいリテラシーを理解します。

公開日:2017/05/24

RNNの応用と発展 -Google翻訳とDNC-
RNNの応用と発展 -Google翻訳とDNC-

講座紹介
RNNの応用で目覚ましい成果の一つは、昨年末に発表されたGoogle翻訳の進化です。
機械翻訳の精度は、飛躍的に向上しました。
講演では、Google翻訳がどのようにRNN (deep LSTM)を利用しているかを解説します。

公開日:2017/05/29

冒頭部分は無料でご視聴いただけます。
ぜひご覧ください。

この記事を読んだ人へお勧め

減資に関するお知らせ

弊社は、平成25年6月26日開催の第13回定時株主総会において、下記の通り「資本金の額の減少」について承認可決されましたのでお知らせいたします。1.資本金の額の減…

アクセリア株式会社
〒102-0083 東京都千代田区麹町3丁目3番地4 KDX 麹町ビル3F
TEL 03-5211-7750 FAX 03-5211-7751 東京メトロ有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩1分 東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 2番出口 徒歩3分
当サイトの内容、記述、画像等の無断転載、無断利用はご遠慮ください。 © 2019 Accelia,inc.