ニュース

  • 2017.07.31
  • info

crash.academyの新着講座公開のお知らせ:7月

crash.academy(ITエンジニア向け学習&キャリアサービス)に、今月新たに公開された講座をご紹介します。

ブロックチェーン #6 ~スマートコントラクト~
ブロックチェーン #6 ~スマートコントラクト~

講座紹介
スマートコントラクトは、ブロックチェーンの新しい基盤であるイーサリアムの上で、契約自動化の可能性が期待され今も進化をし続けています。
講座では、スマートコントラクトの基本、イーサリアムブロックチェーンの仕組み、ブロックチェーンとスマートコントラクトの関係、さらには、スマートコントラクトの社会に対する影響までを説明します。

公開日:2017/07/11

脅威モデリング – サイバーセキュリティ
脅威モデリング - サイバーセキュリティ

講座紹介
講座では、攻撃者はどこを狙ってくるのか、立場によってどのように考えるべきなのか、守るべき対象は何なのかという、脅威モデリングをする上で、重要な考え方を解説してから、脅威モデリングの発想方法であるSTRIDE(Microsoft提唱)を構成している、なりすまし、データ改ざん、否認、情報漏洩、サービス妨害、権限昇格を具体的に説明していきます。またMicrosoftが提供しているElevation Privilegeカードの活用方法についても触れていきます。また脅威モデリング発想方法の別手法である、VERIS(事故事例データベース)の紹介も致します。
最後には脅威モデリングへの参加者とそれぞれの重要性についても説明を致します。

公開日:2017/07/26

ニューラル・コンピュータとは何か
ニューラル・コンピュータとは何か

講座紹介
現在のニューラル・ネットワークのモデルは、基本的には、次の三種類です。
 ・DNN (Deep Neural Network: Full Connect Perceptron )
 ・CNN (Convolutional Neural Network )
 ・RNN (Recurrent Neural Network )

ここにきて、第四のモデルとしての「ニューラル・コンピュータ」に注目が集まっています。
それは、画像認識が得意なCNNや、自然言語処理のようなSequence to Sequenceの処理が得意なRNNのように、特定の課題にフォーカスしたモデルではなく、むしろ、外部メモリーを活用する現在のコンピュータのアーキテクチャーそのものを、ディープ・ラーニング技術の知見を生かして拡張しようとする意欲的なものです。
興味深いのは、そのアーキテクチャーが挑戦している課題は、上記の三つのモデルでは解くのが難しかった、ヒューリスティックな、あるいは、論理的な「推論」を機械に実行させることです。

講演では、GoogleのDeepMind チームがNatureに公開した論文の解説を行います。

公開日:2017/07/26

いずれも冒頭部分は無料でご視聴いただけます。
ぜひご覧ください。