代表窓口:03-5211-7750(平日9:30-18:00)

アクセリアは「つなぐ棚田遺産〜ふるさとの誇りを未来へ〜」 オフィシャルサポーターになりました

  1. 新着ニュース

アクセリアは「つなぐ棚田遺産〜ふるさとの誇りを未来へ〜」 オフィシャルサポーターになりました

 アクセリアは、棚田地域の活性化や棚田の有する多面的機能に対する理解と協力を呼びかける農林水産省の取り組み「つなぐ棚田遺産〜ふるさとの誇りを未来へ〜」のオフィシャルサポーターとなりました。

 現在もアクセリアでは、IoT分野から農業を支援する取り組みを行っており、今後も棚田地域を含めた業界全体を支援します。

つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~(ポスト棚田百選)とは
 日本の棚田の多くは、長い歴史を有し、国民への食料供給にとどまらず、国土の保全、良好な景観の形成、伝統文化の継承等に大きな役割を果たしてきました。こうした多面的な機能を有する棚田について、その保全活動を推進すること等を目的として、農林水産省は、平成11年に、優れた棚田134地区を「日本の棚田百選」として認定しました。
 認定から20年以上が経過している昨今、棚田地域では、担い手の減少や農家の高齢化等により従来のような保全活動が難しくなり、棚田の荒廃の危機に直面しています。
このような中、令和元年には、待望の棚田地域振興法が施行され、その趣旨に基づき、着実に、棚田地域の振興に向けた取組が広がっています。

 そこで、農林水産省では、棚田地域の振興に関する取組を積極的に評価し、国民の皆さまに、棚田地域の活性化や棚田の有する多面的な機能に対するより一層のご理解とご協力をいただくことを目的として、改めて優良な棚田を認定する取組(「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~(ポスト棚田百選)」)を実施いたします。

 ※棚田地域振興法:貴重な国民的財産である棚田を保全し、棚田地域の有する多面にわたる機能の維持増進を図り、もって棚田地域の持続的発展及び国民生活の安定向上に寄与することを目的として、令和元年に施行。

この記事を読んだ人へお勧め

アクセリア株式会社
〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目3番地4 KDX麹町ビル3F
TEL 03-5211-7750 FAX 03-5211-7751
東京メトロ有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩1分、東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 6番出口 徒歩3分
当サイトの内容、記述、画像等の無断転載、無断利用はご遠慮ください。 © 2022 Accelia,inc.