The Linux Foundation - Open Source Forum 2019 - 東京

アクセリアの研究
興味深く挑戦的な新しいトピックを見る絶好の機会
 2019年12月16日、The Linux Foundationは東京でOpen Source Forum 2019を開催しました。

 このイベントの目的は、オープンソースの分野で注目を浴びている人々や技術トピックスを協業のために結集し、日本のオープンソース活動を促進することです。

 当社はオープンソースプロジェクトに大きく依存しているため、オープンソースのパラダイムによって提供される力と適応性がなければ、当社のサービスはほとんど実現できないかもしれません。



 20年以上にわたりさまざまなオープンソースプロジェクトに積極的に貢献してきた私には、Open Source Forumは、ブロックチェーン、クラウド、エッジコンピューティング、人工知能など、OSSの観点から最も興味深く挑戦的な新しいトピックを見る絶好の機会でした。
エッジコンピューティング
 IoTとエッジコンピューティングに関するいくつかの講演がありました。

 ・Zephyr: A Vendor Neutral Approach for Securing IoT Data - Kate Stewart, Linux Foundation
 ・Getting an Edge on Your IoT Future - Jonas Werner, Dell
 ・Your Path to Edge Computing - Akraino Edge Stack Update - Tina Tsou, Arm

 特に、リソースに制約のある接続されたデバイスのRTOSであるZephyrに関する講演では、興味深い洞察が得られました。彼らは、IoTの世界では前代未聞の認証を含む、安全なものを目指しています。開発およびリリースプロセスの標準化だけでなく、保証された安全性を得るために、そこに適用される正式な検証技術を見てみたいと思います。

 DellのJonas Werner氏による講演は、コアサービスレイヤーを中心に、デバイスサービスレイヤーの物理領域の端にまたがるオープンソースマイクロサービスのコレクションであるEdgeX Foundryを紹介しました。このセットアップにより、共通のインターフェースを使用してさまざまな(タイプの)デバイスを制御できます。
クラウド
 予想どおり、クラウドコンピューティングは注目のトピックの1つでした。

 ・From OpenSDS to SODA - The Path To Data Autonomy - Steven Tan, Huawei
 ・Standardization: The Key to Secure Cloud Native Software Delivery - Dan Lorenc, Google

 これらの中では、標準化に関する話が特に気に入りました。大量のミドルウェアを(npm, mavenなどを介して)取り込む例として、最も一般的な開発者プラクティスで深刻なセキュリティ問題(バグ、マルウェアなど)が発生するという話でした。Googleでは確かに多くのミドルウェアを使用しており、使用されているものが安全でない、壊れた、または最悪のマルウェアモジュールを引き込まないことを確認したいと思っていました。
人工知能
 ・Definition of an Open Source AI Ecosystem - Adam Gibson, Konduit
 ・ONNX: Open Neural Network Exchange at LF AI Foundation - Shintarou Okada, Preferred Networks

 Adam Gibson氏の講演は、AIベースのソリューションが現在対処しなければならないさまざまな問題への取り組みについてでした。さまざまなファイル形式、ディープラーニングフレームワーク、チップアーキテクチャなどです。エンタープライズ環境への採用と実装の速度を上げるため、AI Governanceのいろいろなソリューションを提供していました。
ブロックチェーン
 Arnaud Le Hors氏の講演は、ブロックチェーンテクノロジーのオープンソースフレームワークHyperledger Fabricの現状とHyperledger Fabricに基づく実際のソリューションの紹介でした。
オープンソース
 2つの講演で、オープンソースとLinux Foundationが取り上げられました。

 ・Welcome & State of the Open Source Union - Jim Zemlin, Executive Director, The Linux Foundation
 ・Bringing an Open Source Project to the Linux Foundation - Chris Aniszczyk, The Linux Foundation

 当日は非常に刺激的な長い一日であり、オープンソースコミュニティとの強いつながりを持つ企業との個人的な接触がたくさんありました。たくさんの講演と個人的に話したことで分かったのは、日本では大規模なオープンソースの採用がどこまで進んでいるのかということでした。

■関連ページ
【アクセリアのサービス一覧】
 ・サービスNAVI

Norbert Preining

アクセリア株式会社 研究開発部 所属
北陸先端科学技術大学院大学ソフトウェア検証研究センター 研究員
ウィーン工科大学 研究員
Debian開発者
TeX User Group (取締役会員)、Kurt Gödel Society (取締役会員)
ACM, ACM SigLog, 日本数式処理学会、ドイツ数学論理学会