03-5211-7750 平日|09:30~18:00

【最大207%アップ】SEO対策で重要な PageSpeed Insights のスコアが上昇した方法とは

検討に役立つお役立ち資料を無料でご利用いただけます

お役立ち資料をダウンロードFREE

Solution CDNで行うSEO対策とは

 今回は[Solution CDN]で実現できるSEO対策についてご紹介します。ページの表示速度がSEO対策に重要なのは既知のことかと思いますが、ページ表示速度の指標のひとつである「PageSpeed Insights」のスコアを、アクセリアのCDNサービスのひとつである[Solution CDN]を利用して向上を図った検証レポートを公開します。
 参考コラム:あとひと押しのSEO対策ーCDNで「PageSpeed Insights」のスコアを上げようー

 簡単に効果測定ができるシミュレータを作成しましたので、自社のサイトにどのような効果があるか測定したい方はこちらからお問い合わせください。(効果測定は無料です。

 このシミュレータで行う効果測定は、SEO対策のひとつの基準であるページ表示速度を向上させることによりSEO評価を高めることを目的としています。Solution CDNではページ表示速度を向上させるために、大規模ネットワークからの高速配信、画像のWebP変換、HTML/JS/CSSの最小化、各種ヘッダーの調整などのいくつもの機能を有しています。それらの機能を最適に組み合わせ、ページ表示速度の向上を図ります。
 ページ表示速度を客観的に評価するにため、測定にはGoogle社のPageSpeed Insightsを利用しています。

施策内容と測定結果の概要は下記の通りです。

PageSpeed Insightsの評価基準と効果範囲

 PageSpeed Insights(v8)は、主に次の要素が評価対象になっています。(xx%)はTotalScoreに対する影響度です。
 参考:https://googlechrome.github.io/lighthouse/scorecalc/

・First Contentful Paint(FCP) (10%)
・Speed Index(SI)     (10%)
・Largest Contentful Paint(LCP) (25%)
・Time to Interactive(TI) (10%)
・Total Blocking Time(TBT) (30%)
・Cumulative Layout Shift(CLS) (15%)

 Solution CDNでSEOに最適な設定を行うことでTotal Score、Speed Index(SI)、Largest Contentful Paint(LCP)、Total Blocking Time(TBT)の向上を見込んでいます。

測定方法

 PageSpeed Insightsを利用して、SEOに最適な設定を施したSolution CDN経由の通信と公開サイトの直接通信を比較します。

測定対象・結果

 独自に選定したWEBサイトでの詳細測定結果をいくつか紹介します。
 ※1時間毎に7日間測定



 10以上のサイトを測定した結果のサマリーは次のようになりました。



 数多くのサイトでPageSpeed InsightsのTotalScoreが上昇したことを確認できました。初期設定では全く効果のないサイトもありますが、サイトに合わせた設定にチューニングする試みを行うこともできます。自社サイトでどのような効果があるか気になる方はぜひともお問い合わせください。





■関連ページ
【アクセリアのサービス一覧】
 ・サービスNAVI

柴崎 智弥

アクセリア株式会社 サービス事業本部サービス開発部 所属
Contact usお問い合わせ

サービスにご興味をお持ちの方は
お気軽にお問い合わせください。

Webからお問い合わせ

お問い合わせ

お電話からお問い合わせ

03-5211-7750

平日09:30 〜 18:00

Download資料ダウンロード

製品紹介やお役立ち資料を無料でご活用いただけます。

Magazineメルマガ登録

最新の製品情報などタイムリーな情報を配信しています。

Free Service

WEB速度無料チェックツール

Webサイトの表示速度は、コンバージョン率に影響を与える重要な要素です。まずは簡易計測で速度をチェック!

PageSpeed Insights シミュレータ

CDNによるコンテンツの最適化を行った場合のPageSpeed Insightsのスコアをシミュレートしてレポートします。